メタディスクリプションとは?書き方と重要性を徹底解説

2020年4月10日

kazuki
どうも!かずき(@k03mind)です!

メタディスクリプションって正直何のことかわからないなぁ、、、なんかタイトルの下にある文?ってことは聞いたことはあるかも、、、

あと、具体的な書き方と重要性もよくわかんない、、、


✅この記事はこんな人におすすめ

  • メタディスクリプションが何のことかわからない人
  • メタディスクリプションの重要性を知りたい人
  • メタディスクリプションの書き方を具体的に知りたい人
kazuki
すべて解決します!!


✅この記事を読むメリット

  • メタディスクリプションについて理解できる
  • メタディスクリプションの重要性を理解できる
  • メタディスクリプションの書き方を理解できる



本記事を読めば上記3点を必ず理解できます。

それでは本題に入ります。


メタディスクリプションとは?

疑問形の画像


メタディスクリプションとは、タイトルタグの下に表示さているページの紹介分のことです。

メタディスクリプションがどこか明記している画像



上の画像のように表示されます。

これだけだとまだよくわからないと思うので、下記2点に分けて、さらに詳しく解説します。

  • メタディスクリプションの重要性
  • SEOに効果あり?



メタディスクリプションの重要性

結論から言うと、メタディスクリプションは重要です。


メタディスクリプションを書くことでそのページがユーザーにとって有益な情報であるか判断できる材料になるため、ユーザーの興味を引くことができます。

メタディスクリプションを書くだけでもクリック率は大きく変わるでしょう。

SEOに効果あり?

SEOには直接的には関係ないですが、間接的にはあります。

理由は先ほども述べたように、メタディスクリプションを書くだけでクリック率は大きく変わるから。


具体的に説明するとユーザーが調べたキーワードがメタディスクリプションに記述されていると、太字で表示されます。

メタディスクリプションでキーワードが強調されている画像



これは私が書いた記事ですが、「アフィンガー 評判」と調べれば図のようにメタディスクリプションで太字で表示されます。このようにユーザーが調べたキーワードが太字で表示されることでクリック率は大きく変わります。

このような理由から、メタディスクリプションはSEOに間接的に効果があと言えます。



関連記事[最新版]すぐにやるべきWordPressの初期設定(やらなきゃ後悔する)

 

メタディスクリプションを書く際の5つの注意点



メタディスクリプションを書く際には注意しなければいけないことが5つあります。

  • 文字数に注意
  • キーワードを必ず入れる
  • キーワードの羅列はNG
  • ページと関係のない内容は書かない
  • 一般的な説明文は書かない


クリック率にも大きく影響するので注意しなければいけません。

それでは一つずつ解説します。



文字数に注意

文字数は120文字程度に抑えましょう。

メタディスクリプションに文字数の指定はありませんが、全て表示されるわけではありません。


Googleは次のようなことを明記しています。

テキストには文字数の上限や下限はありませんが、検索結果で説明が完全に表示される程度の長さにすることをおすすめします(検索の方法や検索エンジンによってユーザーに表示されるスニペットのサイズは異なります)。

引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド


Googleが明記している通り、検索の方法や検索エンジンによって表示されるサイズが異なります。

なので、PCで表示される文字120文字以内に抑えておきましょう。


キーワードを必ず入れる

ユーザーが調べたキーワードがメタディスクリプションに記述されている場合、キーワードが太字で表示され、目立たせることができます。

クリック率に大きくかかわるので記事のキーワードは必ず入れましょう。


キーワードの羅列はNG

下記のようなキーワードの羅列は読者の興味を引けないのでNGです。

「メタディスクリプション、SEO、WordPress、重要性、書き方」



メタディスクリプションは記事の要約です。

ユーザーが興味を引くような説明を記述しましょう。

また、ユーザーの興味を引けずにクリック率が下がった場合、そのページはニーズが低いページだとGoogleに判断されてしまい徐々に検索順位が落ちるリスクが生じるため要注意です。


ページと関係のない内容は書かない

こちらも先ほどと同様で、読者の興味を引けないのでNGです。

これまで述べてきたようにユーザーの興味を引き、読んでもらえるような内容を書きましょう。


一般的な説明文は書かない

本記事を例にして言うと、「これはメタディスクリプションの記事です」のような一般的な説明文は書いても意味ないです。

そのページがユーザーにとって有益な記事かどうか判断できるように書きましょう。

具体的な書き方は後述します。


関連記事SEOに効果的なalt属性の書き方「WordPress編」

関連記事[超重要!]WordPressのパーマリンクを設定する方法

メタディスクリプションの最適な書き方



結論を言うと、メタディスクリプションはキーワードを入れた記事の要約文を書きましょう。
でも、言葉でいうと簡単ですが、実際に書くとなると難しいですよね、、、

安心してください。

実はメタディスクリプションには最適なテンプレートがあります。

それも、どんな記事にも対応できる優れものです。


テンプレートを使う

メタディスクリプションの書き方は下記テンプレートを使えば簡単です。

  1. 読者への問いかけ
  2. 記事の内容
  3. 読者の誘導


どんな記事でもこのテンプレートは使えるので覚えておいて損はないです。

メタディスクリプションの具体例

先ほどのテンプレートを使って実際にメタディスクリプションを書いてみます。

今回は例として本記事のメタディスクリプションを使います。

✅具体例

1.読者への問いかけ

メタディスクリプションの書き方と重要性を知りたいとは思いませんか?

2.記事の内容

本記事では、メタディスクリプションの概要説明から、重要性、最適な書き方を解説します。

3.読者の誘導

メタディスクリプションについてマスターしたい方は必見です。




これで合計104文字です。

テンプレートを使ってメタディスクリプションを最適化しましょう。


WordPressを使った設定方法

プラグインを使えば簡単に設定できます。手順は次の通り。

  1. ALL in One SEO Packをインストール
  2. メタディスクリプションを書く

これだけでOKです。


記事編集ページを下方向へスクロールするとメタディスクリプションを編集できる画面が出てきます。

メタディスクリプションが編集できるWordPress画面の場所



テーマによって編集場所は多少異なりますが、必ず記事編集の画面にあるので探してください。



関連記事パンくずリストとは?5分で終わる簡単な作り方を徹底解説

 

メタディスクリプションとは?書き方と重要性を徹底解説:まとめ

メタディスクリプションはSEOに直接的には関係ないですが、クリック率に大きく影響があることは間違いないです。



正しい書き方をマスターしてメタディスクリプションを最適化しましょう。

また、他に役にたつSEO記事は下記にまとめているので是非ご利用ください。

SEO記事一覧へ



人気記事稼げるテーマ!アフィンガー5の口コミ・評判まとめ

人気記事[最新版]おすすめのWordPressテーマは3つだけ

-seo

© 2020 かずきの武器庫